サプライチェーン

健全かつ高い品質を実現するサプライチェーンの構築に取り組んでいます。

サプライヤーとのパートナーシップをもとにした責任あるサプライチェーンを構築していきます

常務執行役員
生産企画本部長

渡辺 潤一

活動テーマ

エプソンは、世界中のお客様に製品をお届けする責任を果たすため、強靭かつ柔軟性のあるサプライチェーンの構築が重要であると考えています。責任あるサプライチェーンの実現をサステナビリティ重要テーマに掲げ、BCM(事業継続マネジメント)、CSR、責任ある鉱物調達を主要な活動テーマとして、計画的かつ全社活動として取り組んでいます。

サプライヤーガイドライン

エプソンはサプライヤーガイドラインにおいて、品質、価格、納期の取引基本事項、貿易管理やセキュリティー確保を含むコンプライアンスに関わる事項、環境への取り組みなどを要請しています。
また、ガイドラインの一部である「エプソングループサプライヤー行動規範」は、RBA行動規範に準拠した、労働・安全衛生・環境・倫理・マネジメントシステムを要求事項としています。RBAの要求は、現地法の遵守はもとより、RBAの要求・水準が現地法に対して厳しい場合には、RBA基準の遵守を求めており、サプライヤーが所在する各国・地域の法律の定めの有無、水準、労働慣習に関わらず、一定の管理水準を担保しています。
ガイドラインは、RBA行動規範の改定時などに見直しを行い、全てのサプライヤーの皆様に周知するとともに、主要なサプライヤーより同意書を提出していただいています。

サプライチェーンにおけるCSR戦略

経営理念、企業行動原則の実現、社会課題の解決に取り組むため、中長期のサプライチェーンにおけるCSR重点施策項目を戦略的に定めています。サプライヤーの労働者の人権・安全確保の取り組みと、持続可能な社会の実現のための取り組みという大きな二側面からアプローチしています。

サプライチェーン コンテンツ一覧

このページをシェアする