本部長メッセージ

パーパスに基づく成長戦略ストーリーを支える知的財産戦略

知的財産本部は、パーパスに基づく長期ビジョンが目指す「持続可能でこころ豊かな社会」の実現のため、経営・事業部・開発部門・戦略部門と密接に連携し、あらゆる知的財産を事業成長の支援のために主体的 (Proactive) に活用することにより、知的財産を企業価値に変換し、その弛まぬ活動の展開によって、企業価値の持続的成長の実現を支援しています。
例えば、エプソンの競争優位の源泉の一つに創業以来培われてきた超微細加工技術があります。独創のマイクロピエゾプリントヘッドは、この微細加工技術によって磨き上げられただけでなく、エプソンの強力な知的財産による保護のもとで、自社の豊富なラインアップのプリンターへの搭載、さらには積極的な大規模設備投資による量産化が実現し、ラインアップ拡充による事業成長が進んでいます。また、プリントヘッドの外販も可能となりました。商業・産業分野のさまざまなお客様にエプソンのプリントヘッドを利用いただくことが、デジタル印刷市場の拡大につながっています。
さらに、スタートアップへの出資やオープイノベーションによる第三者との共創による、ポテンシャルの高い新規市場の開拓についても、知的財産面からの支援により加速しています。

執行役員
知的財産本部長 小林 利彦

このように、知的財産を基盤とすることにより、ビジネスの好循環が実現され、研究開発へのさらなる投資が可能となり、エプソンのプリントヘッドは格段の進化を遂げて、その競争優位性を持続的に高めることができるのです。すなわち、このような成長戦略ストーリーを支えるもの、それが私たちが創出する知的財産なのです。

※エプソン知的財産戦略については、統合レポートもご参照ください。

統合レポートはこちら

このページをシェアする