先輩社員の声

生産技術部門
2022年入社

入社のきっかけ、担当業務について教えてください。

なんとなく地元企業の就活サイトを調べていたのがきっかけです。
大学で工学部情報系の学科にいたので、得意分野を生かしながら働きたいと思っていました。
インターンシップ(会社見学)を通して、地元にいながら最新技術に触れて、自身の能力を高められる会社だと感じました。
主に画像検査に関わる業務を行っています。画像検査の目的は、従来、人が目視で行っていた良品と不良品の判別を、画像処理技術を用いて代替することです。これによって、コストをかけることなく、人間が行うよりも正確な検査を行うことができるようになります。
具体的な業務内容は画像に関わる評価実験や検査プログラムの作成です。検査装置の立ち上げや改造のためには、カメラや照明、その他撮像条件下で、良品と不良品を判別するための、十分な画像を撮ることができる必要があります。また、画像を、作成した検査プログラムにかけることで高精度で判別をできる必要があります。これらの一連の流れの構築と評価を行うことが画像検査チームに所属する私の仕事です。
現在、私が特に興味を持って取り組んでいる課題の1つはディープラーニングを用いた画像AIの開発です。これまでのルールベースの処理(幾何学変換やフィルタ処理など)では判別ができなかった検査を、AIで代替することで、高い精度で判別できるようになる可能性があります。
以上のような検査を実現させるために、光学系の知識、情報系の知識を勉強することも大切な業務の1つです。

会社の魅力、いいところはどんなところですか。

まずは、新しいことに挑戦する環境が整っていることです。先輩たちはどんな意見でも真摯に聞いてくれるので、意見を提案しやすい環境です。また、新しいことに挑戦するときの支援も充実しています。知識が不足していると思ったときは、本を購入したり、検定を受講したり、社外のセミナーに参加したりしながら必要なスキルアップを図ることができます。画像AIの導入の例では、検定を経て基礎知識を深めながら、外部の専門の会社の方のサポートをいただき、経験を積みつつ制作をしています。
 また、会社の規模が大きいので、各部署に専門家がいます。これにより自分の配属先の仕事に専念できるというメリットがあります。積極的にコミュニケーションをとることで自分の配属先に関わらず、新しい知識をどんどん吸収することができます。
他の魅力は最新技術に直接触れる機会が多いことです。全国で行われている最新技術の展示会に参加することや、長野県にあるセイコーエプソン株式会社などの関係会社への出張をすることが度々あります。こうした機会が多いため、机上での勉強では得られない刺激を受けることができます。

これからの目標を教えてください。

技術的に、人間的に、信頼できる人になりたいです!
幅広い技術分野でスキルアップして、多くの分野で真っ先に相談しようと言われるような頼りがいがある人になりたいです。たくさんの人から信用を得られるように、いろんな人と積極的にコミュニケーションを取りながら仕事を進めたいと思います。

このページをシェアする